子供の目の下にある気になるクマを改善するにはどうすればいい?カラダアルファ(α)で改善できる??

「子供の目の下にクマがある…」いきなり気づく子供の異変。こんなときの原因を解説します。

 

大人が悩まされることが多い目の下のクマですが、お子さんであってもクマがある子もいます。子供の場合の原因は栄養不足、食事からくるアレルギー、アトピー、体質、ドライアイ、貧血が原因なことが多いといわれています。

 

栄養バランスを考えた食事を与えていても、運動量が多い子供は鉄分が足りない状態になってしまうことも実はよくあります。実際に私の友人の子供がカラダアルファ(α)を飲む前にはこのような症状になっていたと聞きました。カラダアルファ(α)を飲んでからはなぜかマシになったようです。

 

鉄分不足と診断された場合は、普段の食事の中で鉄分を摂れるものを意識して与えてあげましょう。また最近はポータブルゲームをしているお子さんも多いですが、これがドライアイの原因にもなってしまい、その結果クマができてしまうこともあります。

 

ドライアイの特徴としてまばたきが増えるといわれています。お子さんのまばたきが多いようであれば、ゲームをする時間、スマホを見る時間を減らすようにしましょう。アトピーやアレルギーの場合は病院で受診して改善していく必要があります。また生まれつき皮膚が薄くクマが目立ちやすく、成長とともに改善する場合もあります。

 

カラダアルファ(α)で改善できる?

大人でクマに悩まされている人はプラセンタを摂ることでクマが改善されるといわれています。しかし、子供向けのプラセンタのサプリはほとんどありませんし、大人用のものを与えてしまうのは心配です。プラセンタ自体には悪影響はありませんが、そもそも回復力を高めたり、代謝機能を上げる効果があるので、回復力が高く代謝も高い子供に与えても効果が望めるとは限りません。

 

お子さんのクマの原因が鉄分不足で、なかなか食品で補えない場合はカラダアルファ(α)を考えてみてもいいかもしれません。鉄分がとれる食品はレバーやホウレンソウ、豆類なのですが、嫌いなお子さんも多いと思います。このような場合は食事でも鉄分を意識しつつ、補助的にカラダアルファ(α)に頼るのがベストです。

 

また身長が伸びるといわれている牛乳も、飲みすぎは鉄分不足の原因になってしまいますし、スナック菓子やジャンクフードも鉄分を減らしてしまう原因になるので気を付けるようにしましょう。

 

まずは原因を見つけて改善策を考えよう

お子さんのクマが気になるからと言って、私たち大人のようにプラセンタなどで改善しようとするのは安易かもしれません。カラダアルファ(α)で改善へ向けて期待できます。

 

原因はそれぞれですから、まずはお子さんが何の原因でできてしまっているのか見つけてあげましょう。お母さんがこれといった原因を見つけてあげることができない場合は、自己判断で対処するのではなく、できるだけ早めに病院を受診させてあげてください。

 

思わぬ原因がある場合があります。原因さえ見つかってしまえば正しい改善策もすぐ見つかり、改善につながるでしょう。カラダアルファ(α)の利用方法としては少し変わった方法かもしれませんが、子供の目の下のクマと鉄分が関係していて、それを補うのがカラダアルファ(α)なので、あながち無関係とは言えないですね。

 

トップページに戻る