給食だけで栄養は足りない?カラダアルファがあるから大丈夫!

 

学校の給食はとても便利です。しかし、最近では弁当の日が注目されています。そのかわり、栄養をしっかり摂るためにカラダアルファ(α)などもうまく活用すべきです。

 

今、食育の分野でも産官学の連携で取組みが進められています。その一つが多くの学校で行われている、「お弁当を活用した食育」です。2001年香川県の小学校で、当時の竹下校長によって始められたこの取組みが、学校における食育の場として大きな影響を与えています。食べることを通して、栄養や健康、料理への好奇心を育ててくれる食育は、食べることの重要性を教えてくれます。

 

「弁当の日」は、香川県の小学校で始められた、子供が自分で作り、給食の時間に各自が作ったものを食べるというものです。この取組みで最も良いと感じたのは「その出来具合を、親も先生も友達も、誰も評価・批評しないという約束」です。食事について皆で共に考える機会が出来ることで、子供が食への関心を高めるという理想の食育があります。

 

食育に関してはさまざまな考え方がありますが、やはり重要なのは栄養が満たせているどうかです。子供に経験も大事ですが、しっかいり成長期に必要な栄養も満たせないと意味がありません。そのためにカラダアルファ(α)の活用が今後も注目されるでしょう。

 

徐々に増えている弁当の日!栄養はカラダアルファ(α)で補うのが主流?

お弁当を作って自ら食べる教育。それを実践している学校が、全国を網羅しています。すでに学校給食でも産官学が一体となって、子供達の好き嫌いを失くすための努力を行っていますが、朝食欠食や、孤食、食べ残しは中々減らないといいます。お弁当を作ることですぐに効果は出て来ませんが、子供が学ぶことは多くなります。

 

朝食欠食の子は自炊力の向上になり、朝の弱い親に代わって食材で自らの朝食を用意できるようになります。作ってくれることにも感謝出来るようになり、表現も豊かになってきます。台所に立つことで、洗う、片付けることも身についてくるので、考えながら料理をすることで、思考力もアップします。2014年には全国で1700校以上の学校で、弁当の日が実施されています。

 

私の子供も弁当の日がありますが、カラダアルファ(α)を飲んでいるのでしっかり栄養が摂れていると確信しています。これなら弁当の内容にそこまで気を使う必要もないので楽ですよ。

 

家でも出来る弁当の日

今通っている学校で食育の取組みとして行っていなくても、自宅で簡単にイベントの一つとして行うことが出来ます。実際に出来る限り親の力を借りず、自力で子供が料理を作ることで、達成感を得ることが出来ます。その際にその出来具合を、評価・批評しないこと。徐々に買い物から子供にさせるようにすれば、地産地消、旬の食材も学ぶことが出来ます。

 

実際に家族で一緒に食事をする時間も減っています。平日は仕事の関係で、お父さんと一緒に食事をしないということもあるでしょう。このため、皆の休日に合わせて、子供の弁当の日にするもの良いでしょう。カラダアルファ(α)などのサプリメントもうまくかつしましょう。また、互いのコミュニケーションも取れるため、反抗期の時期でも食育を通して会話が増えたという家庭も多くあります。

 

弁当を作ることで、食への関心と自立心、感謝の気持ちや家族とのコミュニケーションを図ることが出来る。それが、この取組みの狙いだと言えるでしょう。多くの失敗を重ね、小さな挫折を繰り返しながら成功させる。これはこれから大人になっていく過程で大切な成長の一つです。家族団らんや笑顔が溢れるのが食育です。

 

食べることが楽しいは絶対に必要な要素です。あまり食べないからといって叱ったりするのではなく、カラダアルファ(α)などの身長サプリで補ってあげれば親も余裕がでると思いますよ。