子供は量だけ食べさせればいい?カラダアルファは効果なし?

子供は量だけ食べさせればいい?カラダアルファは効果なし?

「成長期にある子供は必要な栄養を必要な量だけ取る必要がある」これは当たり前のことです。

 

なかには量だけ食べさせるだけで必要な栄養が満たせると勘違いされている親御さんがいます。もちろん、必要な食事ができていれば問題ないでしょう。

 

カラダアルファ(α)のような子供用サプリもいりません。ただ、食事だけで満たすのは大変です。

 

すぐに効果がでないと「カラダアルファ(α)は効果なし」というレッテルを貼る親御さんも少なくありません。しかし、実際には子供の成長をサポートしてくるのは間違いありません。

 

からだの成長に栄養が重要な理由!だからカラダアルファ(α)が必要なのです。

身長を伸ばすためにも、毎日の食生活と栄養はとても重要なものになってきます。特に成長期の子供は、必要な栄養を十分に取ることで骨が大きくなり、体がぐんぐんと成長していきます。

 

身長は遺伝によって変わってくるものだと考えられがちですが、実際のところは、遺伝というよりも食生活が身長やからだの大きさに影響しています。

 

例え身長の低い家族でも、成長期に必要な栄養をしっかりと取ることで身長を伸ばす事が可能なのです。子供の時に摂取する栄養でからだが作られていくことから、丈夫で健康な体作りのためにも毎日の栄養はとても重要です。だからこそカラダアルファ(α)が成長期の子供の間で重宝されているのです。

 

成長期のからだに必要な栄養

成長期の子供がいる家庭では、毎日必要な栄養が取れているのかどうか気になるところでしょう。実際に成長期の子供にはどのくらいの栄養が必要なのでしょうか。具体的な数値は以下の通りです。

 

  • カルシウム 700mg
  • ビタミンD 5mg
  • 鉄分 7.5mg
  • ビタミンC 8mg
  • ビタミンA 450mg
  • ビタミンE 8mg

 

必要な栄養素を実際の食べ物で表してみると、カルシウムは魚6匹分、ビタミンDはしいたけ23個分、鉄分はブロッコリー5房分、ビタミンCはピーマン2個分、ビタミンAは卵5個分、ビタミンEはホウレンソウ2房分になります。体が成長する時期には、これだけの栄養を十分な量だけ食べることが必要になります。

 

毎日必要な栄養素を十分に取ると同時に、バランスの取れた食生活も重要です。1日30品目を目標にして毎日の献立を立てるようにすると、栄養バランスもとりやすいでしょう。

 

ただ、1日30品目なんて到底作れないという方もいるでしょう。でもそれは仕事があったり家事があったりと仕方のないことです。そんな方にはカラダアルファ(α)などの子供用サプリがおすすめです。

 

カラダアルファ(α)なら1日たった5から10粒飲むだけで成長期の栄養を満たすことができます。水だけで飲めるのも手軽で大人気ですよ。

 

好き嫌いはどうするか?

子供は、自分の成長に必要な栄養素を自分で考えて、自分で選んで必要な量だけ食べるという事がまだ十分にできません。しかし、毎日の栄養は子供の成長には欠かすことのできないものです。

 

また、子供は成長していく中で、自分で自分が食べるものを選びたいと考えるようになります。好きなものを食べたい量だけ食べるというようなことはないでしょうか。毎日の食生活の中で成長に必要な栄養を必要な量だけ食べるためには、必要な食べ物を親がきちんと選ばなくてはいけません。

 

その中から子供が自分で選んで食べるようにすることで、毎日の食生活の中から必要な栄養を摂取することができるようになります。子供も、自分で食べる量を決めることができるので、比較的無理なく必要な栄養を食事から取る事ができます。

 

しかし、食べ物の好き嫌いは誰にでもあるものです。嫌いな食べ物を無理に食べさせることでストレスを感じ、その結果ストレスによってラストスパートの成長期が早く来てしまうということもあるので、無理強いは要注意です。どうしても食べたくないものは無理をさせずに、カラダアルファ(α)などを利用して栄養補給をすると良いでしょう。

 

わたしの子供も好き嫌いが多くて大変でしたが、今はカラダアルファ(α)を飲んでいるので全く困っていません。親としてカラダアルファ(α)に助けられているところは大きいので、今後も継続していくと思います。

カラダアルファの体験談はこちら