爪が割れるのはカルシウム不足!?カラダアルファはもう飲んでる?

子供の爪が割れる理由って知っていますか?

 

私はその理由を知ってカラダアルファ(α)の購入に踏み切ったと記憶しています。

 

爪が割れる可能性として考えられるのはカルシウム不足です。爪はカルシウムと深く関係しています。実は日本人の子供はカルシウム不足だと言われています。諸外国の子供に比べても摂取量がかなり低く、厚生労働省も注意勧告しています。

 

もともとカルシウムは体内に入っても排出されやすい栄養素で、なかなか吸収しずらいと言われています。

 

それに加えて摂取量が足りていないので大変です。具体的に10歳から11歳の男の子が1日に必要とするカルシウム量は700mgです。それに対して厚生労働省が「国民健康・栄養調査」で調査してみたところ、650mgしか平均して摂れていませんでした。

 

これだと成長期に必要なカルシウムの摂取量を満たせていませんし、常にカルシウム不足の状態です。

 

また、爪は体の先端にあるので、栄養が行き渡りにくい部分と言われています。特に大人に比べて子供の爪は柔らかく薄いので、少し栄養が偏るだけで簡単に割れてしまいます。遺伝的に薄い人もいますから、一概に食べるものが悪いとはいえませんが、体調を表す部分ですから割れていたら少し気にしてあげてください。

 

小学校低学年のうちは親が切ってあげるという人も多いと思いますが、高学年にもなると自分で爪切りをします。親が子供の爪を見てあげる機会もなくなるので、気付きにくいのですが、時々は割れていないかチェックしてあげましょう。一度や二度なら気にすることはありませんが、チェックするたびに割れているという場合は、食事の内容や間食を見直してみましょう。

 

そのためにカラダアルファ(α)などをうまく活用するべきだと思います。

 

バランスの良い食事とは

子供のためのバランスの良い食事とは、野菜とタンパク質、脂質などのバランスが取れた食事です。特に、小学生や中学生になると量をたくさん欲しがりますから、お肉や揚げ物などコッテリしたものをおかずにたくさんのご飯を食べるようになります。

 

そうすると、あまり好きではない野菜は後回しになって、小さい頃よりも食事が偏るということもあります。小さい頃よりは嫌いなものでも我慢して食べられるようになっているので、野菜が不足していると感じたら野菜から先に食べるように促してみましょう。

 

バランスを取るのに理想的なのは和食です。ご飯と汁物、副菜と主菜をすべて和食にすれば理想的なバランスの食事になってきます。

 

時にはカラダアルファ(α)の力を借りてみる

毎日作る食事ですから、バランスの取れたものにしたいのですが、時間が無かったり料理が得意でなかったりしてなかなか難しいという人も多いでしょう。好き嫌いがあるとなおさら、バランスの取れた食事をさせるのは難しくなります。

 

そんな時はカラダアルファ(α)の力を借りてみるというのも一つの方法です。爪が割れているなと感じたら、まず食事の内容を見直してみましょう。

 

その上で、不足している栄養を補うのが難しいと感じたら、カラダアルファ(α)などの栄養補助食品などを取り入れていましょう。爪に良いとされるのは、ビタミンA、タンパク質、ビタミンB群です。タンパク質は肉や魚、卵から摂れるので摂取するのは比較的易しいのですが、ビタミン類は気をつけて補うことが必要になります。

 

子供用のサプリメントのカラダアルファ(α)は、大人のものに比べて味も形も飲みやすいものになっています。カルシウムや亜鉛などのミネラルも爪の成長には欠かせないものなのですが、食事では意識しないと摂りにくいものです。ミネラルのサプリメントはたくさん販売されていますので、爪の割れが気になる時は検討してみても良いかもしれません。

 

体全体が成長する大切な時期ですから、カラダアルファ(α)などのサプリメントで栄養を整えてあげるのも親の役目かも知れませんね。

 

トップページに戻る