魚を食べないとカルシウム不足に?そんなカラダアルファがおすすめ!

 

昔と違って魚嫌いの子供は多いです。だからこそカラダアルファ(α)などのサプリメントで普段の栄養を補う必要があります。

 

子供時代は好き嫌いが多く野菜や魚を食べないこともあって、お母さんは頭を抱えることになります。特に魚には骨や筋肉を作るために必要な栄養素が含まれているので、できるだけ食べて欲しいのが親心です。

 

魚を食べない場合に不足しがちな栄養素はカルシウム

魚に含まれている栄養素の中で注目したいのがカルシウムです。カルシウムは日本人のデータを見ると子供も大人も慢性的に不足しがちであるとされています。カルシウムは歯や爪などの正しい成長に必要とされる栄養素ですが、身長を伸ばす場合に重要な骨の成長にも関わっています。

 

身長が伸びることをわかりやすく言うと、実は骨が成長するということなのです。子供の骨は骨端線(こつたんせん)という軟骨部分が成長するという特徴があります。体が大人になってしまうと成長しなくなるこの部分は、十分なカルシウムと活発な成長ホルモンの分泌があれば伸びていくので、成長期にどれだけ骨端線を伸ばせるかが将来の身長に関わってきます。

 

カラダアルファ(α)にはさまざまな栄養素が入っていますが、そのなかでもこだわりをもっているのがカルシウムです。「爪が割れるのはカルシウム不足!?カラダアルファはもう飲んでる?」でも紹介しましたが、カルシウム不足はさまざまな問題が発生します。

 

成長ホルモンを分泌させるために

具体的にどのようにすれば成長ホルモンの分泌が促されるのでしょうか。身長を伸ばすためのポイントは3つあり、1に睡眠、2に運動、3に食生活があります。

 

睡眠は昔から「寝る子は育つ」と伝えられるように、子供の成長に関わりの深い要素になっています。大切なのは質の良い睡眠をとることで、寝る前のテレビやゲーム、間食を避けて脳や体を休ませること、また寝れば寝るほど良いというものではなく、決まった時間に眠り、決まった時間に起きるクセを付けることが重要です。

 

運動は身長を伸ばすために不可欠な要素となっていますが、嫌々やるのでは効果は薄いでしょう。学校での体育の授業や登下校の歩行、休憩時間や放課後の校庭での遊びなど、特に意識しなくても大人よりも体を動かす機会が多いので、運動に関しては見直しが必要ないケースが大半です。

 

子供時代の睡眠は基本的に毎日必要な分がとれますし、運動も特に見直しが必要ないとすれば、家庭での改善が必要なのは食生活です。しかし、成長に必要な栄養素を毎日十分に与えることは普段の食事では難しいのです。バランスの摂れたメニューのはずだけど、もっと身長が伸びる可能性があるならと思うお母さんは多いはずです。特に魚や野菜が嫌いで食べない子供の場合は不安になるでしょう。そこで活躍するのが子供用に考えられたサプリメントです。

 

魚や野菜嫌いを補おう!そのためにカラダアルファを活用してみて!!

骨が成長する時期が人生に一度きりしかないからこそ、子供には栄養バランスの優れたカラダアルファ(α)などのサプリメントが必要です。

 

魚や肉をあまり食べない子供でも、サプリメントの活用で足りない栄養素の補充が可能になります。1に睡眠、2に運動、3に愛情メニューに加え、カラダアルファ(α)の活用で身長が伸びるチャンスを作ってあげましょう。

 

トップページに戻る